セロリとレモンでさっぱり夏レシピ!牛肉とセロリのレモン炒め!

牛肉レシピ

みなさんこんにちは!ふっちゃんです!

今回は牛肉、セロリ、パプリカを使った肉サラダのようなレシピです。

香味野菜とレモン汁を使うことで、爽やかな仕上がりの夏向けの一品。

暑さで食欲のない方、さっぱりした料理が食べたい方にオススメのレシピになりますので、興味のある方は最後までご覧ください!

ふっちゃん
ふっちゃん

それでは、レシピ解説始めていきます!

使用機種は、KN-HW16Gのブラックを使用しています。 手動メニューは古い機種だとないもの。 自動メニューは新しく追加されたもの、ダウンロードメニューなど、使用機種によっては作れないレシピもあること、ご了承ください。

•レシピ概要

〈材料〉

⚫︎牛こま切れ肉・・・・・・・・・・200g
⚫︎酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎片栗粉・・・・・・・・・・・大さじ1/2
⚫︎セロリ(茎斜め切り、葉ざく切り)・1本
⚫︎赤パプリカ・・・・・・・・・・・1/2個
⚫︎黄パプリカ・・・・・・・・・・・1/2個
⚫︎ごま油・・・・・・・・・・・・・15cc
⚫︎塩・・・・・・・・・・全体重量の0.8%
⚫︎レモン汁・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎ブラックペッパー・・・・・お好みの量

所要時間

全体の調理時間は20分ほどかかります。材料の下ごしらえに10分、ホットクックの加熱が10分ほどです。

動画で見たい方はこちら!

•牛肉とセロリのレモン炒めの調理手順

1.材料を切ります

牛こま切れ肉(200g)に酒(大さじ1)、片栗粉(大さじ1/2)をまぶす


赤パプリカ、黄パプリカ(それぞれ1/2個)は横に細切りにする

2.材料、調味料を鍋に入れる

鍋に斜め切りにしたセロリの茎(1本)、牛こま切れ肉の順に入れる

赤パプリカ・黄パプリカ、ざく切りにしたセロリの葉(1本)の順に入れる

ごま油(15cc)、塩(全体重量の0.8%)を入れ軽くかき混ぜる

3.自動メニュー【ほうれん草・小松菜(ゆで)】で調理スタート

メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→ゆで物→【ほうれん草・小松菜(ゆで)】で調理スタート

4.調理完了

レモン汁(大さじ1)を入れ、全体をよくかき混ぜる

5.盛りつければ完成

器に盛りつけ、ブラックペッパーをかければ完成

•おすすめポイント

 セロリとレモン汁で牛肉のクセをマスキング!

香味野菜のセロリと、レモン汁を使うことで牛肉のクセを抑えて食べやすくしています。
クセがある食材がある時は、香味野菜や香りが強い食材を使うと香りやクセが、マスキングされて食べやすくなります。

•おわりに

レモン汁が、程よい酸味を加えていてあっさりと食べられる。
セロリの清涼感が感じられ夏向けのレシピ。
塩がそれぞれの食材の味を生かしていて、塩のみでも十分満足できる味。 
牛肉にまぶした片栗粉により、野菜から出た水分が、とろみがついて味を濃く感じる。
牛肉を柔らかく、パプリカ、セロリはしっかり食感が残っていて良い火加減。
パプリカの赤・黄色、セロリの緑色と色鮮やかで見栄えが良いレシピ。
野菜から出た水分が、牛肉にまぶした片栗粉により、とろみがついて味を濃く感じる。
セロリの香り、レモンの風味、ブラックペッパーの香ばしい香りが感じられ、香りだけでも爽やか。
生でも食べれるパプリカ、セロリを使うことで、牛肉のみに火加減を合わせて調理しています。
かぼちゃ、じゃがいもなど加熱時間が長いものを使うと、肉には火が入り過ぎで固くなることもあります。
しかし生でも食べれる野菜を使うことで、牛肉に合わせた柔らかく仕上がるメニューで調理することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました