ご飯のお供はこれで決まり!豚ももと香味野菜のピリ辛炒め!

豚肉レシピ

今回のレシピは、豚もも薄切り肉と香味野菜を使ったピリ辛の味付けの炒め物レシピです。

脂肪の少ない豚もも肉と、香味野菜をしっかり摂れるヘルシーレシピでもあります。

ホットクックの弱点である水分が飛ばない問題を、うまく利用するアイディアも紹介しますので、興味のある方はぜひ最後までご覧下さい!

ふっちゃん
ふっちゃん

それでは、レシピ解説始めていきます!

•レシピ概要

〈材料〉

⚫︎豚もも薄切り肉・・・・・・100g
⚫︎しめじ・・・・・・・・・・100g
⚫︎にら(4cm幅に切る)・・・1束
⚫︎にんじん・・・・・・・・・1/2本
⚫︎オリーブオイル・・・・・・15cc
⚫︎にんにく(すりおろし)・小さじ1
⚫︎しょうが(すりおろし)・小さじ1
⚫︎味噌・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎醤油・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎一味唐辛子・・・・・・お好みの量
⚫︎白すりごま・・・・・・・大さじ1

所要時間

全体の調理時間は分ほどかかります。材料の下ごしらえに分、ホットクックの加熱が分ほどです。

動画で見たい方はこちら!

•豚ももと香味野菜のピリ辛炒めの調理手順

1.材料を切ります

豚もも薄切り肉(100g)を適当な大きさに切る

にんじん(1/2本)は半月切りにする


ボウルに、醤油(大さじ1)、味噌(大さじ1)、すりおろしたにんにく(1かけ)・しょうが(1かね)、白すりごま(大さじ1)、一味唐辛子(少量を)を入れる

よく混ぜ合わせ、合わせ調味を作る

2.材料、調味料を鍋に入れる

鍋にカットしめじ(100g)を入れる

にんじん(1/2本)を入れる

豚もも薄切り肉(100g)を入れる

4cm幅に切ったにらの順に入れる

オリーブオイル(15cc)、合わせ調味料を入れ、軽くかき混ぜる 

3.自動メニュー【ほうれん草・小松菜(ゆで)】で調理スタート

メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→茹で物→【ほうれん草・小松菜(ゆで)】で調理スタート

4.調理完了

合わせ調味料を全体に馴染むように、全体をかき混ぜる

5.盛りつければ完成

•おすすめポイント

 ピリ辛の合わせ調味料の配合はこれ!

私がピリ辛に仕上げたいときに、よく使う合わせ、調味料を紹介します。
にんにく・しょうがのすりおろしを使うことで、パンチのある仕上がりに、加えて、味噌醤油を合わせることで、コクを出し、白すりごまで香りを出しています。

•おわりに

ピリ辛の合わせ、調味料がそれぞれの食材によく絡んで、分かりやすく美味しく、ご飯が欲しくなる味付け。

ニラ、にんじん、しめじと色鮮やかで見た目でも食欲をそそる。自動メニュー【ほうれん草・小松菜(ゆで)】使っているため、にんじんなどは柔らかくなりすぎず、食感もしっかり残っていて、豚肉も硬くなりすぎず良い火加減。

仕上がった時に豚肉に赤い分が残っていたり、火が通っているか気になった場合は、加減を見て調理延長をしてください。

ホットクックで野菜に火を入れすぎると野菜の水分で水っぽくなってしまいます。しかし、今回の合わせ調味料のように粘性があるものを使うと、野菜から出た水分を合わせ調味料が吸ってくれます。水分が飛ばないホットクックの弱点を補完できる可能性を感じました。

これからも試行錯誤して、何か新たな発見がありましたらブログで報告しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました