ヘルシーなのにおいしい!チキン豆腐ハンバーグ!

レシピ

みなさんこんにちは!ふっちゃんです!

今回は鶏胸ひき肉、木綿豆腐で作るハンバーグのレシピになります。

カロリーは低くヘルシー、ふわふわでおいしい健康的でおいしいハンバーグに仕上げましたので、興味のある方は最後までご覧ください!

ふっちゃん
ふっちゃん

それでは、レシピ解説始めていきます!

使用機種は、KN-HW16Gのブラックを使用しています。 手動メニューは古い機種だとないもの。 自動メニューは新しく追加されたもの、ダウンロードメニューなど、使用機種によっては作れないレシピもあること、ご了承ください。

•レシピ概要

〈材料〉

⚫︎鶏ひき肉・・・・・・・・・・100g
⚫︎木綿豆腐・・・・・・・・・・300g
⚫︎玉ねぎ・・・・・・・・・・・100g
⚫︎塩・・・・・・・・・・・・・4g
⚫︎ナツメグ・・・・・・・・・・少量
⚫︎ホワイトペッパー・・・・・・少量
⚫︎エリンギ・・・・・・・・・・100g
⚫︎しめじ・・・・・・・・・・・100g
⚫︎醤油・・・・・・・・・・・・30ml
⚫︎みりん・・・・・・・・・・・20ml
⚫︎酒・・・・・・・・・・・・・20ml
⚫︎しょうが(すりおろし)・・小さじ1
⚫︎片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎水・・・・・・・・・・・・大さじ2

所要時間

全体の調理時間は35分ほどかかります。材料の下ごしらえに15分、ホットクックの加熱が20分ほどです。

動画で見たい方はこちら!

•チキン豆腐ハンバーグの調理手順

1.材料を切ります

鶏むねひき肉(100g)を使用する

木綿(300g)豆腐はペーパータオルで包み、ラップをせずに、600w・3分加熱して水切りをして、水気を切る

玉ねぎ(100g)はみじん切りにする

エリンギ(100g)は1.2cm角に切る

カットしめじ(100g)を使用する

ボウルに鶏ひき肉、玉ねぎ、木綿豆腐、塩(4g)、ナツメグ(少量)、ホワイトペッパー(少量)を入れ、粘りが出るまで練り混ぜる

3等分にして丸め肉ダネを作る

ボウルに醤油(30ml)、みりん(20ml)、酒(20ml)、すりおろしたしょうが(小さじ1)を入れ混ぜ合わせ、合わせ調味料を作る

2.材料、調味料を鍋に入れる

鍋にしめじ、エリンギの順に入れる

肉ダネを重ならないように並べ入れ、合わせ調味料を入れる

3.自動メニュー【さばのみそ煮】で調理スタート

メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→煮物→魚介→【さばのみそ煮】で調理スタート

4.調理完了

ハンバーグを取り出す

水溶き片栗粉を作り入れ、とろみがつくまで全体をよく混ぜる

5.盛りつければ完成

器に盛りつければ完成

•おすすめポイント

 豆腐がメインのヘルシーハンバーグ!

豆腐300gに対して、鶏ひき肉100gと豆腐をメインで使ったチキンハンバーグのレシピになります。
鶏胸ひき肉と木綿豆腐で作っているため、普通のハンバーグに比べカロリーも低く、また調理中に油も使用していないため、とてもヘルシーで罪悪感のないハンバーグレシピになっています。

•おわりに

パサつきがちな鶏胸ひき肉を使っているますが、豆腐をひき肉の3倍量の300g入れているため、とても柔らかくふわふわの仕上がり。
仕上がりを見ると、ハンバーグは白色のままでソースが染みてないのですが、今回は味の濃いソースにしているため、絡めながら食べるとちょうど良い塩梅になります。
きのこソースをかけて食べるのですが、ハンバーグだけでも食べてもおいしいようにしっかり塩で味をつけています。
また、あらかじめ味が染みていない分、かけながら味を調節しながら美味しく食べられる。
今回木綿豆腐を使っている理由は、絹豆腐はどうしても崩れやすいので、ハンバーグを整形する際に片手が崩れてしまうことがあるため、少し固めの木綿豆腐を使用しています。崩れにくいように絹豆腐ではなく、木綿豆腐を使用しています。
絹豆腐で作れなくは無いですが、かなり緩くなるので成形しにくいと思います。
生姜のすりおろしが、きのこソースに風味を加えていて、味が濃いめなんですが、少し清涼感もあり、あっさり食べられるソース。
醤油、みりん、酒とエリンギ、しめじを一緒に煮ることで、エリンギとしめじから出た旨味と、醤油、みりん、酒がうまく合わさって、濃厚でおいしい和風ソースが出来上がっている。
仕上げに水溶き片栗粉を使うことで、ソースにとろみをつけて、ハンバーグと一緒に食べやすくしています。
エリンギを1.2cmの角切りにすることで、ソースの中で食感を出すよう工夫しています。
プリっとしたしめじとシコシコしたエリンギの食感とらふわふわの豆腐の相性が抜群で合わせて食べると、とてもおいしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました