お酢を使ったヘルシーレシピ!えのきとごぼうの酢醤油炒め!

レシピ

みなさんこんにちは!ふっちゃんです!

今回は、ごぼう、えのき、冷凍コーンを使った食物繊維がたっぷり取れる、野菜レシピになります。

お酢を使うことで、暑い時期にも食べやすいようさっぱり仕上げましたので、興味のある方は最後までご覧ください!

ふっちゃん
ふっちゃん

それでは、レシピ解説始めていきます!

使用機種は、KN-HW16Gのブラックを使用しています。 手動メニューは古い機種だとないもの。 自動メニューは新しく追加されたもの、ダウンロードメニューなど、使用機種によっては作れないレシピもあること、ご了承ください。

•レシピ概要

〈材料〉

⚫︎えのき・・・・・・・・・・200g
⚫︎ごぼう・・・・・・・・・・1本
⚫︎冷凍コーン・・・・・・・・100g
⚫︎ごま油・・・・・・・・・・10cc
⚫︎塩・・・・・・・・・・・・1.5g
⚫︎醤油・・・・・・・・・・大さじ1
⚫︎酢・・・・・・・・・・・大さじ1

所要時間

全体の調理時間は25分ほどかかります。材料の下ごしらえに10分、ホットクックの加熱が15分ほどです。

動画で見たい方はこちら!

•えのきとごぼうの酢醤油炒めの調理手順

1.材料を切ります

えのき(200g)は石突きを落として横に2等分に切る

ごぼう(1本)は斜め切りにする

2.材料、調味料を鍋に入れる

鍋にえのき、ごぼうの順に入れる

ごま油(10cc)、醤油(大さじ1)、酢(大さじ1)を入れ軽くかき混ぜる

3.手動で作る→好みの設定加熱→中火→たまにまぜる→15分で調理スタート

手動で作る→好みの設定加熱→中火→たまにまぜる→15分で調理スタート

4.調理完了

冷凍コーン(100g)を入れ、全体を軽くかき混ぜる

5.盛りつければ完成

器に盛りつければ完成

•おすすめポイント

 お酢でサッパリ食べやすく!

塩と醤油の味付けの中に酢を加えることで、少しの酸味が食欲を増進し、加えてあっさりして暑い夏の時期でも食べやすくしています。
加えて殺菌作用が強いので、夏に作る作り置きとしてもオススメの調味料になります。

•おわりに

食材の種類も少なめ、味付けもシンプルだが、落ち着くようなほっとする美味しさ。
えのきとごぼうで食物繊維たっぷり取れるヘルシーレシピ。
ごぼうのしっかりとしたシャキシャキ感に、えのきのシコシコ感、そこにプチっとしたコーンの食感が残っていて、食感がとても豊かで食べていて楽しい。
酢醤油ベースの全体の味付けに、コーンの甘みがとてもマッチしていて甘味と酸味のバランスが良い。
ごま油の風味もしっかりと残っていて、香りが食欲をそそる。
ごぼうとえのきを切る以外は難しい作業がなく、料理初心者の方にもオススメのレシピ。
えのきとごぼうは大体同じ横幅のサイズ感にしているため、食べるときに一緒に食べやすい。
今回はごぼうを斜め切りにして作りましたが、細切りやきんぴらにすると、より食べやすくなり、ごぼうの傘も多く感じると思うので、切り方を変えてみて作るのもオススメです。
好みの設定加熱→中火→15分は、ほどよく加熱したいときにおすすめの手動メニューになります。
自動メニューを選んでみて、火が通りすぎて、仕上がりが自分のイメージと違い、水分が出すぎたり、上手くいかないことがあると思いますが。
中火で15分だとほどよく火も通り、また調理後に調節も効くので、重宝する火の強さ、加熱時間だと感じています。
前にも述べたかもしれませんが、パウチのコーンではなく、冷凍のコーンを使うのがオススメです。

添加物が少なく日持ちもし使いやすいため、黄色の色味欲しい時や少し甘みを加えたいときなどに重宝する食材です。
また、冷凍食品の使い方として、凍ったまま投入することで庫内温度が下がるため、過加熱を防げるメリットもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました